イントロダクション

バブルと笑顔が弾ける、青春タイムスリップ・コメディ!!

娘と母が時空を超えてアイドル・ユニットを結成!?

両親の離婚危機に直面した大学生の美唯。2017年の現代から1991年バブル崩壊直後にタイムスリップしてしまった彼女は、そこで若き日の両親と出会い、二人の恋を成就させるべく、何とその時代にAKB48の楽曲を持ち込んで、アイドル・グループASG16を母親たちと結成した!!

『デスノート』2部作などのヒット作を手掛けてきた金子修介監督が、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』よろしく、1991年のファッションやサブ・カルチャーなどの流行を巧みに再現した奇想天外なタイム・スリップ・ファンタジー・ワールドを誕生させた。

1991年のバブル時代にAKB48が出現!?女優たちが見事に歌って踊る、感動のクライマックス!!

主人公の美唯にはAKB48のメンバーで舞台女優として活躍中の田野優花。美唯の母親でアイドル活動を始める由美子には『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)の石橋杏奈。そして、若手男優の注目株の白洲迅や、樋井明日香、益田恵梨菜、未浜杏梨、長谷川眞優、佐々木しほ、眞嶋優、古橋舞悠 森岡朋奈 磯原杏華 葉月 百合沙 落合萌 久田莉子 木下愛華とオーディションで選ばれた若手女優たちに、中尾明慶、落合モトキ、加藤諒、大倉孝二、浅田美代子、渡辺徹、西村まさ彦ら、個性的な俳優陣が巧みに脇をフォローしている。

《制服が邪魔をする》《Every day,カチューシャ》《フライングゲット》《恋するフォーチュンクッキー》といったAKB48ナンバーを田野、石橋ら16名の乙女たちが披露するクライマックスは圧巻!そして80年代の名曲《Oneway Generation》をThinking Dogsがカバーした同名主題歌が、映画の余韻をひときわ快いものにしてくれている。

BACK TO TOP